PR

 サイバーエージェントは2012年5月8日、Facebook用の広告作成・出稿ツール「クリエイティブオプティマイザー」を提供開始した。ゲッティ イメージズ ジャパンのライブラリにある約100万点の写真を使ったバナー広告を簡単に作成できる。

 クリエイティブオプティマイザーは、Facebook内広告のFacebook Marketplace Adのバナー広告を作成・出稿するツールである。広告に使う画像として、ゲッティ イメージズ ジャパンが提供する写真ライブラリを活用できる。ユーザーは約100万点の写真の中から、キーワードや人気といったメタデータで検索して自分の使いたい写真を選び、トリミングなどの必要な加工をした上でバナー広告として利用できる。

 ゲッティ イメージズのライブラリとは、同社のAPIサービス「Connect」を使って連携する。Connectは、ゲッティ イメージズが提供する静止画や動画あるいは音楽といったデジタルコンテンツを、オンラインサービスから利用するためのAPIサービス。2012年2月に発表されたサービスで、日本国内での利用は今回のサイバーエージェントが初となる。