PR

 通信事業者や鉄道会社向けのシステム開発などを手掛けるアクロクエストテクノロジーは2012年5月9日、Web画面の開発ツールをオープンソースソフトウエア(OSS)として公開した。ツールの名称は「Web Graphical Platform(WGP)」。HTML5やCSS3、JavaScriptといった標準技術を使い、動的に図を変化させるようなWeb画面を手軽に作成できるという。例えば、ネットワークの監視画面のように、刻々と変わる折れ線グラフや円グラフなどを表示する用途を想定している。

 「HTML5やCSS3を使って動的に変化するグラフ類を表示するWeb画面を作ろうとすると、自分でライブラリを集めて動作検証する必要があった。WGPでは、検証済みのライブラリ群をあらかじめそろえてあるので使いやすい」と山崎政憲氏(システムズコンサルティングディヴィジョン シニアテクニカルコンサルタント)と言う。

 WGPに用意してあるライブラリは、ツリー、表、折れ線グラフ、円グラフなど。もともと、同社のシステム運用状況の可視化ソフト「ENdoSnipe」の画面開発のために集められたものだ。WGPは専用サイトからダウンロード可能である。