PR

 韓国Samsung Electronicsは現地時間2012年5月9日、クラウドベースのメディアコンテンツサービスを手がける米mSpotの買収を発表した。mSpotはSamsungの完全子会社となる。Samsungは新たにリリースするモバイル端末にmSpotのサービスを統合する。

 mSpotは2004年に設立され、クラウドコンピューティング環境を利用したモバイルデバイス向けの音楽、ビデオ、ラジオサービスを手がけている。米大手モバイルキャリア向けにホワイトレーベルのサービスを供給していたが、2010年より自社ブランドの音楽配信サービス「mSpot Music」と映画配信サービス「mSpot Movies」も展開している。

 SamsungはmSpotを買収することにより、自社モバイル端末製品のユーザーに向けたエンタテインメントサービスの強化を図る。また、世界の音楽および映画ファンを対象にしたmSpotサービスの拡大も進める。

 買収金額について両社は明らかにしていないが、米メディア(New York Times)によれば、週末に両社が交渉中であることを報じた韓国のニュースは880万ドルと推測していた。

[発表資料へ]