PR
写真1●NTTドコモが新製品・サービスを発表。右からタレントの渡辺謙さん、NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏、タレントの堀北真希さん
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2012年5月16日、2012年夏モデルのスマートフォン16機種などを発表した(写真1)。スマートフォン16機種はすべてAndroid 4.0を搭載する。16機種中11機種がLTEサービス「Xi」に対応、4機種がスマートフォン向け放送局「NOTTV」を視聴できるモバキャス対応。高齢者向け「らくらくホン」シリーズ初の「らくらくスマートフォン」も新たに投入する。併せてモバキャス対応タブレット端末1機種、Xi対応のモバイルWi-Fiルーター1機種、キッズケータイ1機種も発表した。6月以降、順次販売を開始する。

 今回の発表にiモード機の新製品は1台も含まれていない。NTTドコモの山田隆持代表取締役社長は、「(夏商戦は)前回のモデルで1年くらい対応していきたい。市場性がないととらえているわけではない」と説明。今後iモード機については、冬春モデルと夏モデルの年2回の新製品投入ではなく、1年に1回の新製品で対応するとした。

LTE対応11機種、おサイフケータイは全16機種が対応

 今回発表のスマートフォンは「docomo NEXT series」が8機種(記事末の表1)、「docomo with series」が7機種、らくらくホンシリーズが1機種の合計16機種(記事末の表2)。全機種いずれもAndroid 4.0(開発コード名Ice Cream Sandwich)を採用する。海外メーカー製も含め16機種すべてがFelicaチップを搭載し、おサイフケータイに対応。ワンセグ機能も16機種中14機種が搭載しており、国内メーカー製品と海外メーカー製品の機能的な差は無くなりつつある。また今回発表されたdocomo NEXT series 8機種はいずれもLTEに対応し、無線LAN接続によるテザリングが可能である。

 LTE対応機は次の11機種である。

写真2●韓国サムスン電子の「GALAXY S III SC-06D」
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国サムスン電子の「GALAXY S III SC-06D」は約4.8インチの有機ELディスプレイを採用したスマートフォン(写真2)。英国で5月3日に発表されたグローバルモデルのGALAXY S IIIはクアッドコアプロセッサを搭載するが(関連記事)、日本モデルとなるGALAXY S III SC-06Dはデュアルコアプロセッサを採用した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い