PR

 米Facebookは現地時間2012年5月17日、新規株式公開(IPO)の売り出し価格を38ドルに決定したことを明らかにした。5月18日に米NASDAQ市場の「Global Select Market」で約4億2100万株を公開し、約160億ドルの調達を目指す。

 公開株式数は4億2123万3615株で、内訳はFacebookがクラスA普通株1億8000万株を発行し、既存株主がクラスA普通株2億4123万3615株を売り出す。また、予定数を超えた場合は6318万5042株を上限にオーバーアロットメント(追加割当分)を実施する。

 同社は5月3日に公募価格帯を28~35ドル、公開株式数を約3億8800万株と報告したが、今週初めに公募価格帯を34~38ドルに引き上げ、5月16日には公開株式数を25%(約1億株)拡大した。オーバーアロットメントによる売り出しも含めた場合の調達額は最大184億ドルで、米国企業では米Visaに次ぐ2番目の上場規模となる(米Wall Street Journalの報道)。時価総額は1040億ドルに達し、米McDonald's、米Citigroup、米Amazon.comを上回る(米New York Timesによる)。

 なお、Facebookが4月に米証券取引委員会(SEC)に提出した書類で明らかにした2012年第1四半期の業績は、売上高が10億5800万ドルで前年同期比45%増加、純利益は2億500万ドル(希薄化後の1株当たり利益は0.09ドル)で同12%減少した。月間アクティブユーザー数(MAU)は同33%増の9億100万人、日間アクティブユーザー数(DAU)は同41%増の5億2600万人だった(関連記事:Facebook、Q1業績は前年同期比45%増収なるも12%減益)。

[発表資料へ]