PR
図●おすすめユーザーを提示する「Who to follow」機能
図●おすすめユーザーを提示する「Who to follow」機能
[画像のクリックで拡大表示]

 米Twitterは現地時間2012年5月17日、個人情報の管理手段として「Do Not Track」をサポートすると発表した。ユーザーが使用ブラウザーで同機能を有効にしている場合、コンテンツのカスタマイズに使う情報の収集を停止する。

 Twitterは、ユーザーがフォローしたいと思うであろうアカウントを提示する「Who to follow(おすすめユーザー)」を、ユーザーの興味や関心事に応じてカスタマイズする限定テストを実施している()。今後、ユーザーがDo Not Trackを有効にした際には、Twitterボタンやウイジェットを統合しているWebサイトから最近の訪問に関する情報を収集することをやめ、Twitterと連携するWebサイト固有のクッキーをブラウザーから削除する。

 新規加入ユーザーがすでにブラウザーでDo Not Trackを有効にしている場合は、アカウント作成時に表示される「Tailor Twitter based on my recent website visits(最近閲覧したWebサイトを基にカスタマイズする)」項目はチェックボックスのチェックが外された状態になる。また、既存ユーザーがDo Not Trackを有効にすると、アカウント設定の同項目のチェックが外される。

 Do Not Trackは、インターネットユーザーがオンライン行動の追跡を拒否できるようにするための手段。米連邦取引委員会(FTC)がプライバシー保護の枠組み提案に同手段の採用を盛り込んでおり、3月26日に発表した最終報告書では「2012年末までに効果的で使いやすいDo Not Trackオプションを消費者に提供できるようになると確信している」との見解を示した(関連記事:FTCがプライバシー保護の報告書、データブローカー向け法整備など追加)。米Mozillaの「Firefox」(バージョン5以降)、米Appleの「Safari」(バージョン5.1以降)、米Microsoftの「Internet Explorer」(バージョン9以降)などのブラウザーがすでにDo Not Track機能を実装しているほか、米Googleの「Chrome」(バージョン17以降)はサードバーティーの拡張機能を追加することでサポートする。

[発表資料へ]