PR
写真●サービスステーションに設置されたタブレット端末
写真●サービスステーションに設置されたタブレット端末
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは2012年5月18日、昭和シェル石油のサービスステーション(SS)10カ所を対象にタブレット端末を設置し、自動車・交通関連情報や電子書籍、短編アニメなどを配信する「コンテンツ配信クラウドサービス」の提供を開始したと発表した。

 NECが運用するコンテンツ配信基盤「Contents Director Enterprise Edition」を使って、SS店舗内に設置したNECのタブレット端末「LifeTouch」に、カスタマイズした独自ポータルやコンテンツを配信する(写真)。LifeTouchは、SS店舗内で提供している公衆無線LANサービス経由でインターネットに接続する。

 利用できる昭和シェルのサービスステーションは、足立ルート4SS(東京都足立区)、湘南藤沢SS(神奈川県藤沢市)、こぶちSS(神奈川県相模原市)、新潟東SS(新潟県新潟市)など電気自動車(EV)用充電サービスを提供中のSSが中心となる。電気自動車の充電には、ある程度の時間がかかるため、充電待ち時間中のサービスを向上する狙いで、天気予報や交通情報など運転に有益な情報、および電子書籍や短編アニメなどのエンターテインメント情報を提供する。

 NECは今後、充電サービスのインフラとコンテンツ配信サービスの連携を進め、電気自動車の利用者向けに、充電に関するきめ細かいサービスを提案、電気自動車の普及に貢献したいとしている。また、他の業態の店舗などに向けても、利用者属性に合わせたクーポンや広告を配信するといった提案で、今回活用したコンテンツ配信クラウドサービスの拡販を進めるとしている。

[発表資料へ]