PR

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2012年5月21日、複数のデータセンターを仮想的に1つのデータセンターとして利用する「マルチ仮想データセンター」のサービス化に向けて、国内2カ所のCTCデータセンターを利用した実証実験を開始すると発表した。

 今回の実証実験は、同社が横浜と神戸に保有するマルチベンダー環境のデータセンターを利用。2つのデータセンターをつなぐネットワーク基盤において、(1)L2延伸(レイヤー2ネットワークを他方のデータセンターまで延伸する技術)、(2)サーバー仮想化、(3)複数拠点にまたがる仮想ストレージ空間を構築するストレージフェデレーションなどの技術検証を実施する。5月から、同社の検証センターおよびテクニカルソリューションセンター内での技術検証を開始し、今夏をめどにデータセンター間での実証実験を開始する予定だ。

 同社は、今回の実証実験結果を基に、国内外に点在する顧客の独自システムをマルチ仮想データセンター化するサービスや、自社クラウドサービスのマルチ仮想データセンター化を実現したいとする。