PR

 米ケーブルTV大手5社は現地時間2012年5月21日、Wi-Fiネットワークのローミングに関する提携を発表した。米Bright House Networks、米Cablevision、米Comcast、米Cox Communications、米Time Warner Cableは相互の高速インターネットサービス加入者に対して、主要都市圏の各社Wi-Fiホットスポットを利用可能にする。

 5社の高速インターネットユーザーは、契約しているプロバイダーの対象地域外でも、手軽にWi-Fiホットスポットにアクセスできるようになる。「CableWiFi」と名付ける共有Wi-Fiネットワークは、ニューヨーク、ロサンゼルス、タンパ、オーランド、フィラデルフィアにある合計5万カ所のWi-Fiホットスポットをカバーする。

 Bright House NetworksとCablevisionはすでに今月初めよりCableWiFiの提供を開始しており、今後数カ月で5社すべてが自社ブランドのWi-FiホットスポットにCableWiFiの名称を追加する。ユーザーは、例えば居住地から離れた旅行先でCableWiFiを見つけ、自身が契約しているサービスを使用する際と同様のログイン手順で無線接続が行える。数カ月以内に、CableWiFiのいずれのホットスポットでも自動接続できるようにする予定。

[発表資料へ]