PR
ネットワーク対応ストレージ「nasne(ナスネ)」
ネットワーク対応ストレージ「nasne(ナスネ)」
[画像のクリックで拡大表示]
パソコン用アプリの「VAIO TV with nasne」。画面は開発中
パソコン用アプリの「VAIO TV with nasne」。画面は開発中
[画像のクリックで拡大表示]
VAIO TV with nasneで録画予約をしているところ
VAIO TV with nasneで録画予約をしているところ
[画像のクリックで拡大表示]
Sony Tablet向けのアプリRECOPLA
Sony Tablet向けのアプリRECOPLA
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は2012年5月22日、タブレット端末やパソコンなどさまざまなソニー製品上で録画した映像を視聴できるネットワーク対応ストレージ「nasne(ナスネ)」の説明会を開催した。パソコン用ソフトなどを公開し、快適に映像を再生できる様子を見せた。

 nasneはSCEが4月に発表済みの製品。500GBのハードディスクと3波チューナーを内蔵しており、テレビ番組を録画再生できる。ゲーム機、タブレット端末、パソコン、スマートフォンからネットワーク越しに接続すると、テレビ番組の録画や録画した映像の再生ができる。発売予定日は7月19日で、希望小売価格は1万6980円。

 さまざまな種類のソニー製品からアクセスできることが特徴。説明会では、パソコン向けの専用アプリケーション「VAIO TV with nasne」を紹介した。nasneからネット越しに番組表を取得し、簡単に録画の指定ができる。また、nasneに記録された動画のデータをパソコン側に移動(ムーブ)でき、ブルーレイメディアに書き込むための機能も備える。同アプリはWindows 7をプレインストールしたVAIO向けにアップデート機能を使って配信する。Windows 8を視野に入れ、タッチ操作でも快適に利用できるユーザーインタフェースとしている。

 タブレット端末「Sony Tablet」向けのアプリ「RECOPLA」、スマートフォンのXperia向けの「Connected devices」も紹介した。いずれも、ネットワーク越しの録画予約や視聴ができる。ゲーム機のPlayStation 3では専用テレビアプリ「torne」のver4.0でnasneに対応する。携帯ゲーム機PlayStation Vita向けにも年内に対応ソフトを用意する。