PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2012年5月24日、自動販売機などに併設されるデジタルサイネージに、インターネットVPN経由で緊急地震速報などの災害情報や、独自のコンテンツを配信できるソリューションをクラウド型サービスとして、2012年をメドに提供開始すると発表した。

 主に自治体などの公共施設に設置されたデジタルサイネージを想定したもので、IIJが提供するコンテンツ管理システム(CMS)上で、自治体独自に作成した防災情報や市民向けの広報情報などを配信できる。また、気象庁が配信する高度利用者向け緊急地震速報の配信にも対応している。通常時は独自コンテンツを提供し、災害発生時には緊急地震速報や地域に応じた防災、避難情報の共有に活用できるとしている。

 IIJは同ソリューションを、ダイドードリンコが展開する「災害救援自販機」向けに提供する予定で、緊急地震速報との連携の仕組みやコンテンツ管理、配信システム、自販機に設置するインターネット回線(固定および3G回線)などを、トータルで組み合わせて提供するとしている。