PR
企業向けNAS「テラステーション5000」4ドライブ内蔵タイプの「TS5400D」
企業向けNAS「テラステーション5000」4ドライブ内蔵タイプの「TS5400D」
[画像のクリックで拡大表示]
2ドライブ内蔵タイプ「TS5200D」
2ドライブ内蔵タイプ「TS5200D」
[画像のクリックで拡大表示]

 バッファローは、CPUとメモリーをアップグレードして従来モデル比で約70%高速化した企業向けNAS「テラステーション5000」シリーズを2012年6月上旬に発売する。4ドライブ内蔵タイプと2ドライブ内蔵タイプがあり、12TBから2TBまで6モデルをそろえた。

 Intel Atom デュアルコアプロセッサー(1.8GHz)と2GBのDDR3メモリーを搭載してデータ転送速度を速めた。4ドライブの「TS5400D」はRAID0/1/5/6/10に対応。2ドライブの「TS5200D」はRAID0/1に対応する。いずれも2ポートのUSB3.0ポートを搭載。バックアップや容量の追加にも利用できる。

 機能面では、防犯・監用のIPカメラ(RTSP対応カメラ)の録画先としても利用可能。1台分のカメラライセンスが付属しており、オプションで追加購入すれば、最大10台のカメラから録画できる。また、iSCSIターゲットに対応し、複数のボリュームを作成して保存先を選べる。

 このほか、クラウドストレージサービスの「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)との連携が可能で、データをクラウドに自動バックアップできる。ドライブのホットスワップに対応し、USBプリントサーバー機能を備える。

 希望小売価格は、TS5400Dの容量4TB(1TB×4基)モデルが13万6500円、8TB(2TB×4基)モデルが19万4250円、12TB(3TB×4基)モデルが28万3500円。TS5200Dの2TB(1TB×2基)モデルが8万4000円、4TB(2TB×2基)モデルが11万5500円、6TB(3TB×2基)モデルが15万7500円。