PR
Facebook Cameraの画面例
Facebook Cameraの画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2012年5月24日、モバイル向け写真共有プリケーション「Facebook Camera」を公開した。米AppleのiOSに対応し、iPhoneを使って手軽に写真の撮影、加工、投稿が行える。

 Facebook Cameraでは一度に複数の画像をアップロードできる。Facebookで公開したい写真を選んでチェックマークを付け、「Post(投稿)」ボタンをタップするだけで済む。公開範囲を設定できるほか、公開前にキャプションの入力、位置情報の追加、友達のタグ付けなどが可能。撮影した写真にトリミングや回転、フィルター適用などの加工を施すこともできる。

 友達がFacebookで公開している写真をまとめて閲覧し、任意の写真を拡大表示して直接コメントを書き込んだり、「Like(いいね!)」を付加したりできる。画像を左右にスクロールしてアルバム内の他の写真も素早く見ることができる。

 Facebook CameraはAppleのApp Storeを通じて入手可能。iOS 4.3以降で動作する。iPhone内のカメラロールから写真を投稿するには、位置情報を有効にする必要がある。

 なお、Facebookは写真共有サービスの米Instagramを買収する計画を4月に発表している(関連記事:Facebook、写真共有アプリのInstagramを10億ドルで買収へ)。今回のFacebook Cameraは、Instagramアプリケーションとは別の独自ソフトだという(米CNET Newsの報道)。

[発表資料へ]