PR
米ホワイトハウスが定義したデジタルサービスの階層
米ホワイトハウスが定義したデジタルサービスの階層
[画像のクリックで拡大表示]

 米ホワイトハウスは現地時間2012年5月23日、Barack Obama米大統領が米国民への情報配信およびサービス提供をモバイルに最適化するよう指示したと発表した。各政府機関は、最も優先度の高い二つのサービスを、モバイル端末を含むさまざまなデバイスからアクセスできるようにする。

 2011年に世界のスマートフォン出荷台数がパソコン出荷台数を初めて上回り、より多くの米国民がパソコンよりモバイル端末を介してインターネットにアクセスするようになっている。しかし政府によるサービスはスマートフォンやタブレット端末に最適化されていないことが多い。Obama大統領はこうした現状を「米国民は必要なサービスを見つけるために、さまざまな政府機関が出している情報の迷路を歩き回らなくてはならない」と表現している。

 新たに打ち立てた戦略のもと、各政府機関は12カ月にわたって、より効率的かつ協調的なデジタルサービス提供に取り組む。モバイルおよびWebベースの技術を最大限活用した安全なデータ開示の実現を図るほか、外部開発者向けオンラインページを設置して政府機関が公開するデータと連携するアプリケーションおよびサービス構築のためのツールを提供する。

 また各政府機関は90日以内に、戦略実施の進捗状況を報告するWebページを開設する。

[発表資料1(PDF文書)]
[発表資料2]