PR

 凸版印刷とサイバーエージェントは2012年5月25日、凸版印刷が開発したプロモーションシステム「LinkPlace」の新機能を活用したO2O(オフラインtoオンライン=オフラインでユーザーが起こすアクションをきっかけにオンラインへのイベントが発生する)プロモーションを2012年5月下旬から提供すると発表した。価格は初期導入費用が100万円から(カスタマイズ、運用費用、企画費によって変動)。

 凸版印刷は「LinkPlace」において、Facebook上でのプレゼント抽選や投票ランキング表示などのゲーミフィケーション要素(サービスにゲーム的要素を組み込み、ユーザーのロイヤルティーやモチベーションを高める手法)を加えた新機能のほか、クーポン表示や画像投稿などの機能を追加した。さらにこれまでのFacebookに加えて、新たにTwitterやAmebaなどにも対応した。

 「LinkPlace」は、ICタグ内蔵のリストバンドをNFC搭載スマートデバイスにタッチすることでO2Oプロモーションを実現するシステムである。このシステムを使い、ICタグ内蔵のリストバンドをNFC搭載スマートデバイスにタッチすると、Facebook上に「いいね!」が送信される「リアルいいね!」プロモーションを、両社は共同で販売している。

 新機能であるFacebook上での投票ランキング表示機能やプレゼント抽選機能、スタンプラリー機能などは、ゲーム性を付加することでプロモーションの参加率や、口コミなどの伝播効果を向上できるという。また写真投稿機能やクーポン表示機能、プレミアムコンテンツ配信機能などは、ソーシャルメディアと組み合わせることで口コミの誘発や伝播効果を高めるという。こうした機能を活用することで、企業の展示会場や商業施設での集客力と訴求力の向上を目指している。

 2012年6月8日にサイバーエージェントが開催するブロガーイベント「AmebaGG Premium Beauty Studio」(場所はウエスティンホテル東京)に、「LinkPlace」の「リアルいいね!」および新機能「スタンプラリー」を導入し、イベントに協賛したブースおよび開催されるセミナーの情報を、参加者を経由してソーシャルメディア上にオンタイムで発信する。同イベントでは「LinkPlace」の新機能「スタンプラリー」でのゲーミフィケーション要素を盛り込み、イベント中のブースやセミナーへの参加意欲を向上させる企画を実施する。

 両社は今後、商業施設や店舗、企業のイベントなどでの新機能を含めた次世代プロモーションシステム「LinkPlace」の提供を進め、2012年中に30件の導入を目指す方針である。

[発表資料へ]