PR

 NTTスマイルエナジーは2012年5月28日、太陽光発電システムのモニターサービス「エコめがね」を2012年6月1日からヤマダ電機の全店舗で販売すると発表した。家電量販店による一般販売は今回が初めてとなる。これまでNTTスマイルエナジーによる直販と、全国の太陽光発電システム販売商社などを経由した再販を行っていた。

 エコめがねは、クラウドサーバーを利用することにより、スマートフォン/携帯電話/パソコンなどを使って家庭の電力情報をいつでも確認できる。電力の見える化だけではなく、異常の早期発見や、これまで家庭単位では難しかったCO2排出権の価値化・還元ができるという。

 エコめがねの利用には専用のセンサー設置工事が必要。センサーは分電盤への後付けが可能なため、太陽光発電システムのメーカーを問わずに利用できるという。料金は、専用センサーを買い取る場合はセンサー本体(取付工事費込み)が3万1500円で、月額利用料は390円である。センサーをレンタルする場合は、初期費用なしで月額利用料が980円である。

[発表資料へ]