PR
写真1●ラックマウント型サーバー「HA8000/RS220-s」の外観
写真1●ラックマウント型サーバー「HA8000/RS220-s」の外観
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●タワー型サーバー「HA8000/TS10-h」の外観
写真2●タワー型サーバー「HA8000/TS10-h」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は2012年5月29日、PCサーバー「HA8000シリーズ」の新製品8機種を発表した。内蔵ストレージのRAID構築・設定作業を支援するソフトウエアをプレインストールしたことや、処理性能とメモリー容量、ストレージ容量を強化したことなどが特徴。インテルXeonプロセッサE5-2400製品ファミリーを採用しており、5月30日から販売する。

 併せて、ブレードサーバー「BladeSymphony BS320」の処理性能とメモリー容量を強化した製品なども発表した。

 今回発表されたHA8000シリーズには、内蔵ストレージのRAIDの構築・設定作業を支援し、状態監視や障害通知を行うソフトウエア「Hitachi RAID Navigator」をプレインストールした。また、BIOSなどのファームウエアやデバイスドライバーなどの更新処理を行う「Hitachi Server Navigator」を標準添付している。

 8機種のうち4機種は新規追加。日立の従来製品に比べて、最大ストレージ容量を約3.2倍の37.8Tバイトに増やした2プロセッサラックマウント型サーバー「HA8000/RS220-s」(写真1)、メモリー容量を強化した1プロセッサラックマウント型サーバー「HA8000/RS110-h」および同タワー型サーバー「HA8000/TS10-h」(写真2)、ストレージ容量などを強化したネットワークストレージサーバー「HA8000/NS220-s」がある。従来からある2プロセッサーサーバー「HA8000/RS220」「HA8000/RS210」「HA8000/TS20」およびネットワークストレージサーバー「HA8000/NS220」の4機種については性能を強化した。

 ネットワークストレージサーバーはファイル共有機能を標準で備えるサーバー。今回発表した「HA8000/NS220-s」と性能強化した「HA8000/NS220」では、電源供給が急に途絶えた場合でも書き込み中のデータ損失を防ぐRAIDキャッシュバックアップ機能を備えた。

 ブレードサーバー「BladeSymphony BS320」については、処理性能とメモリー容量を強化した製品を発表した。インテルXeonプロセッサE5-2400製品ファミリーを採用した新機種を追加している。さらに、日立製作所製のサーバー向けエントリークラスディスクアレイ装置「BR1200」において、データ入出力性能を高めるSSD(半導体ディスクドライブ)、大容量を増やす3TバイトのニアラインSASドライブなどをサポートした。

 HA8000シリーズとBladeSymphony BS320の最小構成価格と出荷時期は表1の通り。また、「BR1200」のサポートオプションは「2.5型 200GB SAS SSD」が65万3000円(税別)で5月31日出荷など。

表1●最小構成価格と出荷時期
製品名最小構成価格(税別)出荷時期
HA8000/RS220-s27万4000円6月15日
HA8000/RS22025万1000円6月15日
HA8000/RS110-h17万3000円7月17日
HA8000/TS10-h12万8000円6月15日
HA8000/NS220-s37万8000円6月29日
HA8000/RS21024万3000円7月17日
HA8000/TS2016万1000円6月15日
HA8000/NS22035万5000円6月29日
BladeSymphony BS32027万7000円6月15日