PR

 NTT東西地域会社は2012年5月29日、料金回収代行サービス「フレッツ・まとめて支払い」において、同サービスの提供範囲を6月5日から拡大すると発表した。事業者は新たに、インターネットで販売する物品の代金をNTT東西のフレッツサービスなどの利用料と合算して利用者から回収できるようになる。NTT東西は同サービスの提供範囲の拡大に関する新たな目的達成業務の実施について、同日、総務大臣に届け出た。

 またNTT東西は、同サービスの提供料金を2012年6月利用分から改定し、1フレッツ・アクセス回線あたりの平均請求額に応じた手数料+消費税相当額とする。平均請求額が901円から1500円の場合の手数料を定額とするとともに、1501円以上の場合の手数料率を3%としたことで、事業者はこれまでよりも安価に同サービスを利用できるようになる。

 なお2012年6月下旬から、ぐるなびが運営する通販サイト「ぐるなび食市場」が同サービスを利用する予定である。

[NTT東日本の発表資料へ]
[NTT西日本の発表資料へ]