PR

 ネットワークインフラ向けのシステム開発やコンサルティングを手がけるAcroquest Technologyは2012年5月30日、インメモリーデータグリッド製品「AcroMUSASHI DataGrid」の出荷を開始した。価格は、CPUの1コア当たり120万円(税抜)。

 インメモリーデータグリッドとは、複数のサーバーで構成されたクラスタ内に共通の仮想メモリー領域を確保して、大量のデータを高速に処理するもの。システムで利用するデータを仮想メモリーにキャッシュすることで、システムへの大量アクセス時のボトルネックになるデータベースアクセスやディスクI/Oを高速に処理できる。

 AcroMUSASHI DataGridは、オープンソースソフトウエアのInfinispanをベースに開発された、Javaのインメモリーデータグリッド。普及しているJava標準のMap APIを拡張しているため、キャッシュの保存処理や取得処理の実装が容易になるという。キャッシュしたデータは、自動的にクラスタ内の別ノードにバックアップされるため、クラスタ内のノードが障害によって停止した場合でも、バックアップからデータを自動的に復旧できる。

 さらに、AcroMUSASHI DataGridは、データグリッドを構成するキャッシュノードの監視機能を備えている。同社のシステム運用状況の可視化ソフト「ENdoSnipe」を内部に組み込んでいるため、キャッシュノードのオブジェクトのエントリ数やキャッシュヒット率、CPU使用率、メモリー使用量、ガーベジコレクションの実行時間、などを監視できる。この監視機能を使えば、システム負荷状況を把握したチューニングが容易になるという。

Acroquest Technologyのリリース