PR
写真●MEDIAS NEC-102
写真●MEDIAS NEC-102
[画像のクリックで拡大表示]

 NECビッグローブは2012年5月31日、同社が2月1日に発売した3Gデータ通信サービス「BIGLOBE 3G」(関連記事)と、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「MEDIAS NEC-102」(写真)をセットで提供する新サービス、「MEDIAS for BIGLOBE」を6月1日から提供開始すると発表した。テザリング機能を無料で提供し、モバイルルーターとして利用できるのが特徴だ。

 MEDIAS NEC-102はデータ通信専用端末。「Wi-Fi AP スイッチ」というウィジェットを搭載しており、ワンタッチでテザリング機能を使うことができる。音声通話には非対応だが、SkypeやLINEの利用は可能だ。スマートフォンとモバイルルーターを別々に所持しているユーザーは、持ち歩くモバイル機器の数を減らせる。

 料金は、BIGLOBE 3G デイタイムプラン(午後8時から翌午前2時までは利用不可)を選択した場合で月額2960円、24時間利用できるBIGLOBE 3G スタンダードプランを選択した場合で月額3960円となる。いずれも2年間の継続利用が前提で、初期事務手数料として別途3150円がかかる。

 NECビッグローブはMEDIAS for BIGLOBEを、まずは1万台限定のサービスとして提供していく方針。2月1日に発売したBIGLOBE 3Gは同社の想定以上の契約があり、通信速度が一時低下してしまう事象が発生したからだ。「本サービスが好評な場合、ユーザーに影響が出ない範囲で追加販売していくことを考えている」(古関義幸代表取締役執行役員社長)という。