PR
写真●Bluetoothヘッドセットを使った通話などに新規対応したAndroidスマートフォン向けの「050 plus」新アプリ
写真●Bluetoothヘッドセットを使った通話などに新規対応したAndroidスマートフォン向けの「050 plus」新アプリ
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年5月30日から6月1日まで、無線通信関連の展示会「ワイヤレスジャパン 2012」が東京ビッグサイトで開催された。NTTコミュニケーションズ(NTTコム)のブースでは、同社が提供中の050番号を利用可能なIP電話サービス「050 plus」向けのスマートフォンアプリについて新バージョンを展示(写真)。音質の向上やBluetoothヘッドセット対応などの機能強化によって、使い勝手が向上したことをアピールしていた。

 具体的に強化したのは、(1)音声品質の向上、(2)Bluetoothヘッドセットを使った通話への対応、(3)従来の日本語に加えてメニューやメッセージの英語表記をサポート---という3点。6月1日から入手可能になった最新版アプリをスマートフォンに導入することで実現する。ただし、(2)のBluetoothヘッドセット対応については、現状ではAndroidのみのサポートとなっている。iOS端末については「今後対応する予定」(NTTコム)だという。

 AndroidスマートフォンとBluetoothヘッドセットの接続に関しては、対応するAndroid OSのバージョンが「Android 2.2以上」で、Bluetoothのスペックについては「2.0+EDR以上、HSP(ヘッドセットプロファイル)のサポート」が必要であると同社ではアナウンスしている。