PR
写真1●開幕前に行われたプレス向けイベント
写真1●開幕前に行われたプレス向けイベント
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●製品デザインコンテスト「d&i award」の表彰式
写真2●製品デザインコンテスト「d&i award」の表彰式
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●ギガバイト・テクノロジーのUltrabookなどがステージ上で披露
写真3●ギガバイト・テクノロジーのUltrabookなどがステージ上で披露
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●ジーニアスが展示した指輪型のプレゼンテーション・ポインター
写真4●ジーニアスが展示した指輪型のプレゼンテーション・ポインター
[画像のクリックで拡大表示]

 COMPUTEX TAIPEI 2012の開幕を前にした2012年6月4日、主催者のTAITRA(Taiwan External Trade Development Council)とTCA(Taipei Computer Association)がプレス向け会議を開催した。

 TAITRAのExecutive Vice Presidentを務めるWalter Yeh氏は、今回の開催概要を報告(写真1)。今回の出展者数は1800で、5300小間を使った展示が行われる。来場者については、海外からの3万6000人を含む12万人の参加者を見込むという。

 今回のCOMPUTEXのテーマは、「Ultrabook」「スマートな携帯端末」「クラウド技術とサービス」の三つ。Ultrabookでは、インテルのIvy BridgeやAMDのTrinityベースのプロセッサを搭載した製品を、エイサー、ASUS、サムスン電子などが出展する。

 携帯端末向けはプロセッサの競争が激しく、AMDやインテル、NVIDIA、クアルコムがマルチコアのプロセッサを提供する。HTCやASUS、エイサーなどがこれら最新プロセッサを搭載したタブレットを披露する。この分野では、Windows 8も注目である。エイサーやASUSなどが年末までに製品化することが見込まれており、展示会場ではその試作版が見られそうだ。

 クラウドでは、フォックスコンやデルタ、クアンタ、ギガバイト、MITAC、インベンテックといった台湾企業が、サーバーやコンテナ型のデータセンターを手掛けている。ハードウエアメーカーの中には、エイサーやASUSのようにクラウドサービスを提供し始めている企業もある。

 このほかプレス向け会議では、製品デザインのコンテスト「d&i award」の結果発表と複数の新製品の紹介が行われた(写真2写真3写真4)。