PR

 日本政策金融公庫は2012年6月4日、国民生活事業本部でタブレット端末を同日から試験導入したと発表した。e-Taxへの電子申告データを、金融機関が活用するNTTデータのサービスと組み合わせ、融資審査を効率化する。

 東京と大阪、名古屋の3拠点に、NTTドコモの富士通製タブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」を12台導入した。NTTデータの「Zaimon e-Taxデータ受付サービス」と組み合わせることで、営業担当者が顧客先(中小企業)で融資の審査に必要な書類を本部などに直接送信できるようになる。