PR
写真1●ASUSがWindows 8対応製品を発表した
写真1●ASUSがWindows 8対応製品を発表した
[画像のクリックで拡大表示]

 COMPUTEX TAIPEI 2012開催前日の6月4日、ASUSがプレスカンファレンスを開催し、タブレット型をはじめとする最新のWindows 8対応PCを報道関係者向けに発表した(写真1)。

 単にWindows 8に対応したPCというだけでなく、両面ディスプレイのノートPCやARM版Windows搭載のタブレット、WindowsとAndroidに両対応したオールインワンPCなど、これまでに類を見ない製品を次々と披露。会場に集まった参加者からの拍手も大きかった。

両面ディスプレイの斬新なノートPC「ASUS TAICHI」

 発表会の目玉として登場したのが「ASUS TAICHI」だ(写真2写真3)。一般的ノートPCで天板にあたる部分にもディスプレイを搭載しており、他に類を見ない斬新なスタイルとなっている。

 2つのディスプレイは11.6インチと13.3インチで、いずれもフルHD解像度のIPSパネルとなっている。それぞれの画面は独立しており、デモムービーでは友人同士が1台のASUS TAICHIを挟んで座り、別々のコンテンツを楽しむ様子が紹介された。さらに両面にHD画質のカメラを搭載する。

 CPUは第3世代のCore i7プロセッサーで、インタフェースとしてUSB3.0ポートやmicroHDMIポートを搭載する。キーボードにはバックライトを内蔵する。

写真2●ノートPCの天板にあたる位置にもディスプレイを搭載した「ASUS TAICHI」
写真2●ノートPCの天板にあたる位置にもディスプレイを搭載した「ASUS TAICHI」
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●もちろん通常のノートPCとしても使える
写真3●もちろん通常のノートPCとしても使える
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料