PR

 米Facebookは現地時間2012年6月1日から6月8日午前9時までの期間、Facebookの「利用規約」および「データの使用に関するポリシー」の改定案に関するユーザー投票を実施している。6月1日時点でFacebookに登録しているユーザーであれば誰でも、同社の「Facebook Site Governance」ページから専用のFacebookアプリを使って投票できる。

 今回のユーザー投票は、(1)2012年4月20日策定の「利用規約」改定案、および2012年5月11日策定の「データの使用に関するポリシー」改定案と、(2)2011年4月26日策定の現行の「利用規約」、および2011年9月23日策定の「データ使用に関するポリシー」について、Facebookサイトを規定する文書として(1)と(2)のどちらが適切かをユーザーに問うものだ。両改定案と変更点の説明、現行の規定文書は、「Facebook Site Governance」ページの「投票の詳細」で公開している。

 投票結果は独立監査法人が審査。投票参加者がアクティブな全登録ユーザーの30%を超えた場合、投票結果は同社に対して拘束力を持ち、30%未満の場合は同社への勧告として扱うとする。