PR
写真1●MicrosoftのOEM部門のSteven Guggenheimer氏
写真1●MicrosoftのOEM部門のSteven Guggenheimer氏
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年6月6日、COMPUTEX TAIPEI 2012の会場で、米MicrosoftがOEMパートナーやプレス関係者向けのカンファレンスを開催した。会場にはMicrosoftのOEM部門のコーポレート・バイスプレジデントのSteven Guggenhimer氏が登場(写真1)。Windows 8を中心とした、同社の最新情報を提供した。

 他社による同会場でのイベントでは、会場中央に報道関係者向けの座席が配置されていたが、Microsoftは会場中央にパートナー企業と思われる招待客向けのエリアを大きく確保。OEM/ODM各社に対するMicrosoftの手厚いサポートをうかがわせた。

Windows Embedded Standard 8のCTP2を発表

 Guggenheimer氏は、Windows NTカーネルベースの組み込み機器向けOS「Windows Embedded Standard」の採用例として、LGのデジタルサイネージシステムを紹介(写真2)。鮮やかなアニメーションを用いた広告表示のデモを行った。次にWindows Embedded搭載機器に囲まれた未来的な生活を描いたデモムービーを披露。交通システムや自動販売機など、社会のいたるところに偏在するWindows Embeddedの可能性を提案した。

 その最新版となる「Windows Embedded Standard 8」のCTP2版を発表。すでにWebサイトで公開されている(写真3)。

 Windows Embedded Standard 8では、これまでのWindowsアプリケーションに加え、Metroスタイルアプリにも対応。Windows 8と同じユーザー体験をWindows Embeddedデバイスで実現できることをアピールした。

写真2●Windows Embeddedを利用したLGのデジタルサイネージシステム
写真2●Windows Embeddedを利用したLGのデジタルサイネージシステム
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Windows Embedded Standard 8 CTP2を公開
写真3●Windows Embedded Standard 8 CTP2を公開
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料