PR

 radikoは2012年6月11日、同社が運営するIPサイマルラジオサービス「radiko.jp」の4月の月間ユニークユーザー数が1046万人になったと発表した。2010年3月15日のサービス開始以来2年余りで1000万人を突破した。

 radikoでは、月間ユニークユーザー数が1000万人を突破した理由として、「東日本大震災後のラジオに対する生活者意識の高まり」「radiko.jp参加放送局の増加と配信地区の拡大」「スマートフォンの普及」を挙げた。聴取ツールのダウンロード数は、ガジェットが約400万、スマートフォンアプリが約500万に達し、平均週間延べ聴取回数は約700万回前後で推移しているという(いずれも2012年6月1日現在)。

 こうしたWEB経由、各聴取ツール経由でのラジオ聴取が拡大するにつれて、各放送局においてradiko.jpと連動した番組制作の試みが増えている。例えばスタジオなどの画像がリアルタイムでradiko.jp画面に掲出するなどの提案である。

 また、radiko.jpのアプリ画面上から各種SNSへのアクセスが容易であることから、パーソナリティとユーザーだけでなくユーザー同士のコミュニケーションが生まれ、ユーザーの聴取スタイルが、「聴くradiko.jp」から、「参加して、楽しむradiko.jp」に変容しつつあると指摘した。

[発表資料へ(PDFファイル)]