PR
写真1●200以上の新機能を搭載したiOS 6
写真1●200以上の新機能を搭載したiOS 6
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2012年6月11日、iPhoneやiPadなどモバイル端末向けOSの新版「iOS 6」を発表した。200以上の新機能を搭載し、独自の地図アプリケーションや、機能強化した音声アシスタント「Siri」、同社初となるFacebookとの連携機能などを特徴とする。iOS 6は今秋、無料のソフトウエアアップデートとしてリリースする予定。対応端末はiPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、新iPad(第3世代)、iPad 2、iPod touch(第4世代)。iPadの初代モデルには対応しない。

 地図アプリケーションは米Googleのサービスに代え、Appleが独自に設計したという「Maps」を搭載する。音声によるナビゲーションやリアルタイム交通情報、鳥瞰3Dビューといった機能を備える。また地域検索では1億件以上の店舗情報を用意し、地域レビューサイト「Yelp」のレーティングや口コミ情報なども閲覧できる。

 音声アシスタントのSiriは、iPhone 4Sに加え、第3世代iPad(新型iPad)にも対応する。対応言語は英語、日本語、フランス語、ドイツ語のほか、新たにスペイン語、イタリア語、韓国語、中国語(北京語/広東語)を追加する。

 Siriは、各種のアプリケーションとの連携機能を強化しており、例えばFacebookやTwitterに音声でコメントを投稿したり、アプリケーションを立ち上げたりできる。またFacebookは、Appleとして初めて導入するサービスながらSiri同様にシステムレベルでサポートし、Facebookの友達情報がすべてのiOS端末で最新のものに保たれる。友達の情報に変更が加えられると「Contacts」アプリケーションに反映したり、イベントや誕生日などの情報を「Calendar」アプリケーションと同期したりできる。これ以外にも「Photos」「Safari」「Maps」といったアプリケーションがFacebookと連携する。

 このほか新たなアプリケーションとして、航空機の搭乗券や、野球観戦チケット、クーポンなどを電子チケットとして利用したり管理したりできる「Passbook」が加わる。また中国向けには、中国版Twitterと言われる同国ミニブログ最大手の「Sina Weibo(新浪微博)」、検索最大手の「Baidu(百度)」のサービスを提供する。

[発表資料へ]