PR
写真●「カスペルスキー モバイル セキュリティ for Android」のプライバシー保護機能
写真●「カスペルスキー モバイル セキュリティ for Android」のプライバシー保護機能
[画像のクリックで拡大表示]

 カスペルスキーは2012年6月12日、Android端末向けセキュリティソフト「カスペルスキー モバイル セキュリティ for Android」の販売を6月15日に開始すると発表した。Android 4.0に対応したほか、スマートフォンとタブレット端末向けにそれぞれ独自の機能を新たに搭載した。

 パッケージには、スマホ向けアプリの「カスペルスキー モバイル セキュリティ」と、タブレット端末向けアプリの「カスペルスキー タブレット セキュリティ」の二つが同梱されている。ユーザーは利用する端末に合わせて、インストールするアプリを選ぶ。

 価格は、端末1台1年間有効なライセンスが2980円。1台1年間ライセンスが二つ含まれれる「ツインパック」が4480円である。ツインパックは、1台で2年間使うか、2台で1年間使うかを選べる。

 スマホ向けアプリでは、インストールしようとするアプリに危険性がないかをカスペルスキーが運営するサーバー「Kaspersky Security Networkクラウド」に問い合わせて確認する「クラウドスキャナー」を搭載した。パターンファイルの更新が完了してない状態でも、最新の不正プログラム情報に基づいて、不審なアプリの利用を防止する。

 盗難・紛失時の対策では、SMS(ショート・メッセージ・サービス)を使って遠隔からコマンドを送信すると、工場出荷時の状態に戻すことを可能にした。これまでも遠隔ロックの機能やGPSによる追跡機能はあったが、さらに対策機能を強化した。

 プライバシー保護機能も搭載した。通話履歴やSMS送受信履歴から、特定の相手の情報だけを非表示にできる(写真)。「他社製品にはないユニークな機能だ」と、カスペルスキー 製品管理本部の保科貴大プロジェクトマネージャは話す。

タブレット端末向けはWebサイトから設定

 タブレット端末向けアプリでは、ユーザーインターフェースを大きく変えた。タブレット端末の大きな画面で操作しやすいようにした。スマホ向けと同様、「クラウドスキャナー」や危険サイトへのアクセス防止機能なども新たに搭載した。

 タブレット端末ならではの機能としては、盗難・紛失対策機能がある。カスペルスキーがWebサイト上に用意している管理ツールを使って設定する。スマホではSMSを使って遠隔でコマンドを送信してロックや位置検知が可能だが、タブレットはSMSに対応していない機種も多い。そのため、Webサイト経由で管理できるようにした。

 遠隔からのロックやデータ消去、GPSを使った位置検知のほか、遠隔撮影も可能だ。タブレットの前面にあるカメラで撮影し、その画像を管理画面上で閲覧できる。端末の場所を特定するのに役立つ。

 対応する端末は、スマートフォンがAndroid 2.2/2.3/4.Xで、通信キャリアがKDDI、NTTドコモ、イー・アクセス、ソフトバンクモバイルのもの。タブレット端末はAndroid 2.0から4.Xで、通信キャリアは問わず、無線LAN通信機能のみのWiFiモデルにも対応する。