PR

 5000人以上の開発者が参加した今年のWWDC2012。日本を含むアジアからも多くの開発者や報道陣が駆けつけた。

 昨年のWWDC2011と同様、新型iPhoneの発表はなかったが、今秋にiPhone/iPod touch/iPad向けの新OS「iOS 6」を提供することが明かされた。開発者向けの開発用キットは同日からベータ版の提供を開始する。基調講演では、iOS担当シニアバイスプレジデントのスコット・フォーストール氏がiOS 6の新機能を説明した。

 iOS 6には200以上の新機能があるという。その中でも特筆すべきものとして以下の10機能をデモンストレーションを交えて熱心に説明した。

今年秋に提供する「iOS 6」。対応機器は、iPhone 3GS以降のiPhone、第2、第3世代のiPad、第4世代のiPod touch
[画像のクリックで拡大表示]

1.Siri

 まず、音声入力によるアシスト機能「Siri(シリ)」がパワーアップする。

 野球やバスケットボール、フットボールなどスポーツの試合結果をSiriで確認できるようになるほか、選手の個人成績や好きなチームの順位もSiriが教えてくれる。料理(フランス料理や中華など)、価格、場所などでレストランを探せるようにもなる。映画も出演者やタイトルをSiriに語りかければ、どこの映画館で何時から上映されるのかを確認できる。予告編のチェックも可能だ。

 音声入力でアプリを起動したり、FacebookやTwitterに声で投稿したりできる。また、iOS 6ではいよいよiPadでもSiriが使えるようになる予定だ。対応言語も中国語や韓国語などが加わり15カ国語で使えるようになる。

 自動車の運転中にiPhoneの画面を見ずにSiriでコントロールする「Eyes Free」と呼ばれる新機能も発表。ハンドルに設けられた専用ボタンを押すとSiriが起動し、音声入力で音楽を再生したり、ナビで目的地を設定したりできる。Eyes Freeは、BMW、GM、ベンツ、ランド ローバー、ジャガー、アウディ、トヨタ、ホンダ、クライスラーから対応の自動車が発売される見込みだ。

Siriで調べられることが増加。スポーツの試合結果や選手の成績を調べられる
[画像のクリックで拡大表示]
レストラン探しにも使える
[画像のクリックで拡大表示]

映画は見たい映画を上映中の映画館などを教えてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
ハンドルに設けられたボタンを押すとSiriが起動し、音声でiPhoneをコントロールできる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料