PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーの米国子会社Sony Mobile Communicationsは現地時間2012年6月13日、「Android 4.0」(開発コード名は「Ice Cream Sandwich」)を搭載した新たなスマートフォンを発表した。SNS「Facebook」と機能を統合した「Xperia miro」と、使いやすさを重視した「Xperia tipo」を、2012年第3四半期に世界でリリースする。

 Xperia miroは、連絡先管理、フォトギャラリー、音楽プレーヤー機能などにわたって密にFacebookと連携し、写真や音楽を手軽にFacebook上で共有したり見つけたりできる。3.5インチディスプレイを搭載し、500万画素のメインカメラとビデオチャット用のフロントカメラを備える。ソニーの音声技術「xLOUD」により高音質のサウンドを提供する。

 Xperia tipoは3.2インチのディスプレイ、320万画素のデジタルカメラを装備し、Bluetooth、Wi-Fiをサポートする。デュアルSIM版「Xperia tipodual」もリリースする予定。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると、いずれも動作周波数800MHzのプロセッサを搭載する。ストレージ容量はXperia miroが4Gバイト、Xperia tipoが3Gバイト。なお、希望小売価格や提携キャリアについては明らかにしていない。

[発表資料へ]