PR

 ジャパンケーブルネット(JCN)は、「JCNインターネット」のレンタルモデムに、無線LAN内蔵モデムを追加し、2012年6月25日に提供を開始すると発表した。

 JCNインターネットの「スピードスター160」と「プレミアム」コースについては追加コストが無料で利用できる。その他のコースでは315円が追加で必要となる。セキュリティでは、WPA/WPA2のほかWEPにも対応し、それぞれ異なるSSIDで混在利用できる。WPA/WPA2に対応したパソコンとWEPのみ対応のゲーム機を同時に接続できる。

 レンタルする機器は、ブロードネットマックス製(2.4GHz帯、IEEE 802.11b/g/n対応)。複数の子機と接続が可能。モデムのWPSボタンを押すだけで、容易に接続設定ができる。訪問のサポート体制も用意しており、JCNよりパソコンを購入したユーザーは3150円/回、その他は5985円/回で子機の接続設定を行う。

[発表資料へ]