PR
画面●2012年6月22日のシステム障害を謝罪するツイート
画面●2012年6月22日のシステム障害を謝罪するツイート
[画像のクリックで拡大表示]

 短文投稿サイトのTwitterで、2012年6月22日未明に断続的にアクセスできなくなるシステム障害が発生した(関連記事)。日本法人であるTwitter Japanも22日午前にコメントを出した。そのコメントによれば、ほぼ半年ぶりの大規模なシステム障害で、午前1時頃からアクセスできない状態になり、いったん復旧したものの再度ダウンし、完全に復旧したのは3時8分頃だったという。

 コメントの中で、障害の原因をTwitterのインフラ環境の中で複数のソフトウエアが連動して不具合に陥る「カスケード型のバグ」だと説明した。外部から攻撃されたためではないという。

 Twitterといえば、大きなスポーツイベントなどがあると頻繁にダウンすることで知られ、サーバーダウン時に表示されるクジラのイラストは利用者の間ではおなじみだった。コメントの中でTwitter Japanは「かつてサーバーのダウン時に姿を見せていたクジラは、ユーザーさんの目に留まる率がとても低くなっていました」と説明。具体的に、この半年間はおおむね安定稼働しており、24時間のうち不安定な時間帯は平均20秒程度、安定率は99.96%だったというデータを示した。

 「この半年の間、これまでになく安定させることができていたのにたいへん残念です」とTwitter Japanは謝罪した。

[Twitter Japanの発表ブログへ]