PR
写真●「Flipboard」のAndroid版
写真●「Flipboard」のAndroid版
[画像のクリックで拡大表示]

 米Flipboardは現地時間2012年12月22日、複数のソーシャルメディアからコンテンツを集約して雑誌のように閲覧できるモバイルアプリケーション「Flipboard」のAndroid版をリリースしたと発表した(写真)。Googleのアプリケーション配信サービス「Google Play」から無償で入手できる。「Android 2.2」以降を搭載したスマートフォンで利用可能。

 Flipboardは、ミニブログサービス「Twitter」やSNSサイト「Facebook」で公開されている投稿や記事、画像、ニュースなどを集め、デジタル雑誌のようにレイアウトして閲覧できるアプリケーション。2010年7月に米AppleのiPad向けに公開され、2011年12月にiPhone版がリリースされた(関連記事:iPad用雑誌スタイル閲覧ソフト「Flipboard」がiPhoneにも対応)。

 Android版はGoogleのSNS「Google+」およびビデオ共有サービス「YouTube」との連携が追加された。Google+のサークル内で公開されているコンテンツやアップデート、購読しているページの投稿を雑誌感覚で閲覧できるほか、「+1」付加や共有、コメント付記および返信が行える。サブスクリプション登録しているYouTubeチャンネルの新たなビデオ投稿やお気に入りビデオなどの視聴、共有、コメント、新たなサブスクリプション登録といった操作も可能。

 米国では米Barnes & Nobleの電子書籍閲覧端末「NOOK」、米Amazon.comのタブレット端末「Kindle Fire」でも利用できる。各社のアプリケーション配信サービス「NOOK Store」および「Amazon Appstore for Android」と、韓国Samsung Electronicsの「Samsung Apps」からも提供し、米主要キャリアが販売するSamsungのタブレット端末「GALAXY S III」にプリインストールされる。

[発表資料へ]