PR
写真●アライドテレシスのCentreCOM FS708EL V2
写真●アライドテレシスのCentreCOM FS708EL V2
[画像のクリックで拡大表示]

 アライドテレシスは2012年6月25日、省エネ機能を搭載し従来製品比で電力消費量を最大58.3%削減した省電力イーサネット・スイッチ「CentreCOM FS708EL V2」(写真)を発表した。価格は9800円(税別)。6月29日に発売する。

 CentreCOM FS708EL V2は、10BASE-T/100BASE-TXポートを8ポート備えた低価格なイーサネット・スイッチ。ポートLEDを消灯する「エコLED」や、接続されたUTPケーブルの長さを自動検出して消費電力を制御する「ケーブル長省電力」、リンクダウン中の電力消費を自動抑制する「省電力モード」などの省エネ機能を搭載する。

 全ポートが、10Mbps/100Mbps、全二重(Full Duplex)/半二重(Half Duplex)の自動認識に対応。全二重方式での動作時には、最大200Mbpsの通信が可能だ。さらに、全ポートにMDI/MDI-Xの自動認識も搭載しており、対向機のポートの種別やケーブルタイプを問わずに接続することができる。