PR
CamiApp対応のマグボ(左)。撮影するとゆがみなどを補正したデータになる
CamiApp対応のマグボ(左)。撮影するとゆがみなどを補正したデータになる
[画像のクリックで拡大表示]

 コクヨS&Tは、壁面に張り付けられるホワイトボード「マグボ」(マグネットシートタイプ)と「ピタボ」(吸着シートタイプ)をスマートフォン対応として、2012年7月中旬から順次発売する。ホワイトボードの内容を撮影してデジタルデータ化するスマホアプリ「CamiApp(キャミアップ)」に対応させた。

 ホワイトボードに、四隅の位置を確定するシール「スキャンマークシール」を追加した。シールを追加したホワイトボードをCamiAppアプリで撮影すると、傾きやゆがみを自動的に補正したデジタルデータにできる。

 マグボは、裏面全体がマグネットになっており、間仕切りや収納庫などのスチール面に設置できる。ピタボは、壁面やガラスなど平らな面に繰り返し張れる吸着シートタイプ。シート寸法は450×300mm、600×450mm、900×600mm、1200×900mmの4種類。希望小売価格は、マグボが2835円~1万5435円。ピタボが3990円~1万9740円。

 また、50mm方眼紙「セクションパッド(A1タイプ)」もCamiApp対応仕様にリニューアルして6月下旬から順次発売する。四隅に印刷されているスキャンマークの斜線部分を塗りつぶすことでCamiAppに対応する。持ち運んで研修やミーティングなどに使える。希望小売価格は3307円。