PR
写真●「b-mobile4G 停電通信」のパッケージ
写真●「b-mobile4G 停電通信」のパッケージ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本通信は2012年6月26日、USB型のLTE端末に、90日間で500Mバイトまでの通信利用権を付けた新製品「b-mobile4G 停電通信」(写真)の発売を始めたと発表した。同端末を常時持ち歩き、停電時にノートパソコンに挿して緊急連絡手段として使ってもらうことを想定する。

 USB型端末「b-mobile4G WM320」と、90日間・500Mバイトの通信利用権をセットにした価格は3万4000円。追加の利用権(90日間分、500Mバイト)は1200円。利用できる通信量が残り100Mバイト未満となるか、有効期間終了まで2日未満となった時点で自動的にチャージする。緊急時にのみ利用すると仮定すると、月400円で緊急時用の通信手段を確保しておける計算となる。

 なお、当日を含む直近3日間の通信量が合計300万パケット(360Mバイト相当)以上となった場合は速度を制限することがあるとしている。