PR

 米VIZIOは現地時間2012年6月26日、米Googleのテレビ向けプラットフォーム「Google TV」を搭載したセットトップボックス(STB)「VIZIO Co-Star Stream Player」を発表した。

 ケーブルテレビや衛星テレビと接続して高画質のテレビ放送を視聴するほか、Flash対応の「Chrome」ブラウザーによりフルスクリーンでWebブラウジングを楽しんだり、アプリケーション配信サービス「Google Play」を通じて多数のアプリケーションにアクセスしたりできる。

 Google TVの検索機能を使って手軽にWebサイトを閲覧し、目当ての映画やテレビ番組を見つけてストリーミングを実行できる。テレビ放送を見ている最中でも、画面内ウインドウでこうした操作を行える。

 「Netflix」「Amazon Instant Video」「M-GO」「YouTube」「iHeartRadio」といったビデオおよびオーディオ配信サービスを統合しているほか、オンラインゲームサービス「OnLive「OnLive」にもアクセスできる。

 1080p HDと3Dに対応し、Wi-Fi(IEEE 802.11n)機能を備える。DLNA対応携帯電話、タブレット端末、コンピュータと接続してこれらデバイスに保存された写真、音楽、ビデオをテレビ画面に再生することも可能。

 VIZIO Co-Starは2012年7月に同社Webサイトで注文の受付を開始する。販売価格は99.99ドル。Bluetooth対応のタッチパッド付きリモコンが付属する。

[発表資料へ]