PR
画面●2012年6月27日正午時点の財務省のホームページ。不正アクセスの影響で、下部の「国有財産情報公開システム」が停止中
画面●2012年6月27日正午時点の財務省のホームページ。不正アクセスの影響で、下部の「国有財産情報公開システム」が停止中
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年6月26日から、政府の中央省庁のホームページへの大規模なサイバー攻撃が相次いで判明している。財務省では、「国有財産情報公開システム(URLはhttp://www.kokuyuzaisan-info.mof.go.jp/)」が攻撃を受け、26日昼すぎにホームページを停止した。27日昼時点でも停止中で、財務省理財局によると「復旧に向けて取り組んでいるが、メドはたっていない。今日中、というわけにはいかないかもしれない」という。

 財務省理財局の説明によると、26日正午頃に内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)から財務省に不正アクセスの可能性に関する連絡があった。この時点ではホームページやシステムに表面的な変化はなかったが、その後すぐに不正なファイルを発見したため、午後2時頃までにシステムを停止した。財務省の管轄内では、国有財産情報公開システム以外への不正アクセスは現時点では把握していないという。

 26日以降、裁判所や国土交通省が管轄するホームページでも、不正アクセスが疑われるサービス停止が発生している。