PR
写真●「Nexus Q」の外観
写真●「Nexus Q」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleはスマートフォンやタブレット端末で操作し、ネット上の映像や音楽コンテンツをテレビやオーディオ機器で再生する機器「Nexus Q」を発売する(写真)。米サンフランシスコで開催している開発者会議「Google I/O 2012」で現地時間2012年6月27日に明らかにした。当初は米国のみで発売する。価格は299ドル。7月中旬に出荷を始める予定。

 Nexus Qは、デジタルコンテンツ配信サービスGoogle Playの「Google Play Movies」「Google Play Music」といったアプリケーションや、YouTubeのアプリケーションをAndroid端末に入れて操作する機器(関連記事:Googleが「Google Play」を発表、Android Marketや音楽・電子書籍配信を集約)。

 Google Playで購入した映像、音楽コンテンツや、ユーザーがアップロードした音楽ファイル、YouTubeの動画を家庭の大画面テレビ、オーディオ機器で再生できる。同社は「世界初のソーシャル・ストリーミング・メディアプレーヤー」と呼んでおり、パーティーなどの際に友人が持っているコンテンツを共有することもできると説明している。

 本体は直径11.6cmの球体で、重さは923g。スイッチ類は備えないが、球体の上部を回すと音量を調整でき、上部にあるLEDライトを押すとミュートする。CPUはデュアルコアの「Texas Instruments OMAP4460」。1GバイトのRAM、16Gバイトのフラッシュメモリーストレージを搭載する。OSはAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)採用している。

 インターネットには無線LAN(Wi-Fi 802.11a/b/g/n)やEthernet(10/100BASE-T)を介して接続する。このほか、Micro HDMIや光オーディオ端子、バナナプラグスピーカー端子を備え、Bluetooth、NFC(近距離無線通信)にも対応する。

[Google公式ブログへの投稿記事]