PR

 米Googleは現地時間2012年6月27日、同社の独自SNS「Google+」における新機能「Google+ Events」を発表した。「イベント前からイベント中、イベント後にわたる体験をより素晴らしいものにするためのイベント管理ツール」と説明している。

 イベント前には、ビーチ旅行や週末ブランチなど、用意された複数のテーマから選んで手軽に招待状を送信できる。「YouTube」からオリジナルビデオを添付したり、アニメーションを加えたりすることも可能。イベント予定は自動でカレンダー上に表示される。

 イベント中は、「Party Mode」により参加者がそれぞれ撮った写真を1カ所に集約できる。モバイルデバイスでParty Modeを有効にすると、イベント中に撮影した写真はすべてリアルタイムでイベントのページに追加される。ライブのスライドショー機能を使えば、イベントの最中にスライド上映することも可能だ。

 イベント後は、イベントページにアクセスすることにより、すべての写真やコメントを時系列で閲覧できる。人気の高い順に並び替えたり、撮影者やタグ付けされた人(写っている人)ごとに表示したりできる。

 Googleはまた、モバイル向けGoogle+アプリケーションがタブレット端末に対応したことを明らかにした。Android版アプリケーションはすでにアップデート済みで、同社のデジタルコンテンツ配信サービス「Google Play」から無償で入手できる。iOS版アプリケーションも間もなくアップデートする予定である。

[発表資料へ]