PR
Windows 8 Upgrade Assistantの画面
Windows 8 Upgrade Assistantの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2012年7月2日、次期OS「Windows 8」へのアップグレードプログラムについて発表した。現在「Windows XP」「Windows Vista」「Windows 7」を使用しているユーザーに対し、39.99ドルで「Windows 8 Pro」エディションにアップグレードできるプロモーションを提供する。Windows 8の正式リリースと同時に、「Windows.com」サイトから131市場でアップグレード購入が可能になる。プロモーション期間は2013年1月31日まで。

 Windows.comサイトからWindows 8 Proアップグレードを購入すると、アップグレードアシスタント機能が示す手順に沿って購入、ダウンロード、インストールが簡単に行える。アプリケーションやデバイスの互換性についても同機能が確認し、現在インストールしているもののどれを継続して使うか、あるいはハードディスクドライブをフォーマットするかなどの選択肢が示される。

 Windows 7からアップグレードする場合は、Windows設定、個人ファイル、アプリケーションなどをすべてを移行できる。Windows VistaではWindows設定と個人ファイル、Windows XPでは個人ファイルのみ移行可能。

 Windows 8 Proをダウンロードすると、機能追加オプションを通じて「Windows Media Center」を無償で追加できるほか、バックアップ用DVDを15ドルで購入することも可能(送料と手数料が別途必要)。

 DVDパッケージを使ってWindows 8 Proへのアップグレードを希望するユーザーは、プロモーション期間中に最寄りの販売店で69.99ドルで購入できる。

 これとは別にMicrosoftは、2012年6月2日から2013年1月31日までにWindows 7搭載製品を購入したユーザーに対して、Windows 8 Proへのアップグレードを14.99ドルで提供するキャンペーンを5月に発表している。

 米メディアの報道(ZDNet)によると、Windows 7の場合、Windows Vistaのアップグレードには119~219ドルかかっていた。

[発表資料へ]