PR
写真1●Android搭載「ウォークマン」で「Music Unlimited」を利用した画面
写真1●Android搭載「ウォークマン」で「Music Unlimited」を利用した画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ネットワーク対応の液晶テレビ「ブラビア」で「Music Unlimited」を利用した画面
写真2●ネットワーク対応の液晶テレビ「ブラビア」で「Music Unlimited」を利用した画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2012年7月3日、クラウドベースの定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」を、同日に日本で開始したと発表した。Music Unlimitedは、1000万曲を超えるクラウド上で管理された楽曲を、家の中や外出先などのシーンに合わせて対応機器で楽しめる。利用料金は30日で1480円。加入後最初の30日間は無料で体験できる(写真1)。

 EMIミュージック・ジャパン、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージック・ジャパンなどの主要音楽会社を始め、多数のインディペンデントレーベルなどから許諾を受けた楽曲を提供し、今後、順次追加していく。

 ソニーは2010年12月に英国とアイルランドでMusic Unlimitedの提供を開始した後、同サービスを北米と欧州諸国などに順次導入してきた。今回新たに導入した日本を加え、現在、全世界17カ国で提供している。

 Music Unlimitedでは、ジャンルや年代などのカテゴリーごとにあらかじめ設定されたさまざまな「チャンネル」や、ユーザーのお気に入りのアーティストを中心にカスタマイズされた「マイチャンネル」から、聴きたい楽曲にアクセスできる。さらに検索機能を使い、特定のアーティストや楽曲、アルバム、さらに関連する楽曲をクラウド上の膨大な楽曲の中から探すこともできる。

 ユーザーが楽曲の「好き/嫌い」を選択することで、Music Unlimitedはユーザーの嗜好を学習し、蓄積した嗜好のデータに基づいてクラウド上の幅広い楽曲の中からユーザーの好みに合うと思われる楽曲をお薦めする。サービスを使えば使うほど、ユーザーは新しい楽曲やアーティストとの出会いが広がるという。

 また、ユーザーがパソコンなど自身の機器に保存している楽曲と、Music Unlimitedが提供する楽曲とを同期させる「Music Sync」機能によって、合致した楽曲とそのリストが、Music Unlimitedのユーザー自身の「マイライブラリ」に自動的に反映される。「マイライブラリ」にある楽曲には、どの対応機器からでもアクセスして、音楽を楽しめる。

 Music Unlimitedは現在、XperiaなどのAndroid搭載スマートフォン、「Sony Tablet」などのAndroid搭載タブレット、Android搭載「ウォークマン」、 PlayStation 3、PlayStation Vita、VAIOなどのWindows PC、Macで楽しめる。また、7月中旬以降に、ネットワーク対応の液晶テレビ「ブラビア」(2010年以降に発売のモデル、写真2)、ソニー製ブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S380」「BDP-S480」、ソニー製マルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5700ES」に向けたサービスも開始する予定である。

[発表資料へ]