PR
写真1●「Imagine Cup 2012」ソフトウェアデザイン部門の入賞3チーム。写真右側が第2位に輝いた東京工業高等専門学校のチーム「Coccolo」(写真はUstreamより)
写真1●「Imagine Cup 2012」ソフトウェアデザイン部門の入賞3チーム。写真右側が第2位に輝いた東京工業高等専門学校のチーム「Coccolo」(写真はUstreamより)
[画像のクリックで拡大表示]

 オーストラリア・シドニーで開催中の学生技術コンテスト「Imagine Cup 2012」(マイクロソフト主催)世界大会の最終審査結果が、現地時間2012年7月10日に発表された。その結果によると、ソフトウェアデザイン部門に日本代表として参加していた東京工業高等専門学校のチーム「Coccolo」が、可視光通信を利用した省電力照明システム「All Lights!」という作品で第2位に輝いた(写真1関連記事)。

 ソフトウェアデザイン部門は、同大会でも参加チーム数が一番多く、今回の世界大会でも各国の代表76チームが参加していた。1次予選でそれが20チームに絞られ、決勝に進出したのは6チームのみ。同部門で日本代表が決勝に進出するのは2006年にインドで開催された第4回大会以来6年ぶりのことで、その結果が注目されていた。同部門で日本チームが入賞したのは今回が初めてとなる。

 同部門の優勝チームは、ウクライナの「quadSquad」。第3位にはポルトガルのチーム「wi-GO」が選ばれた。

 今回の大会では、ほかにも日本からゲームデザイン部門に2チームが参加していた。3Dパズルゲーム「ブルーム*ブロック」を開発したトライデントコンピュータ専門学校の「チーム ブロッサム」と、震災復興をテーマとしたシミュレーションゲーム「BLUE FIELD」を開発したバンタンゲームアカデミーの「Team Esperanza」だ。

 ゲームデザイン部門は世界大会に出場する時点で10チームに絞られており、世界のトップ10に日本の2チームが選ばれたことになる。このうち、チーム ブロッサムは世界大会の1次審査を通過し、決勝5チームの中に残っていたものの3位以内への入賞はかなわなかった。

 次回、2013年のImagine Cupは、ロシアのサンクトペテルブルグで開催される予定。