PR
写真1●日本NCRの「モバイルPOS」。iPod touchのカバーについている磁気読み取り機でクレジット決済できる
写真1●日本NCRの「モバイルPOS」。iPod touchのカバーについている磁気読み取り機でクレジット決済できる
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●画面に書き込む形でサインしたところ。店舗側はクレジット決済伝票をペーパーレス化できる
写真2●画面に書き込む形でサインしたところ。店舗側はクレジット決済伝票をペーパーレス化できる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本NCRは2012年7月10日、スマートフォンやタブレット端末をそのまま使う小売店向けの「モバイルPOS」を発表し、同日から販売開始した。米Apple製のiPhone、iPod touch、iPadシリーズ(iOSバージョン5.1以降)に対応する。

 日本NCR製のレシートプリンターやキャッシュドロワー(現金を収納する引き出し)を組み合わせることができる。また、iPhoneやiPod touchを使う場合は、三栄電機製のバーコード・磁気カード読み取り機能付きカバー「ScanJacket」を装着する。会計処理を行う手順は一般的なPOS(販売時点情報管理)レジと同様。商品のバーコードを読み取ると、iPhoneやiPod touch、iPadの画面上に価格や商品名が表示される。

 支払いは、現金のほかクレジットカード決済にも対応した。画面上でクレジットカード決済をタッチして選択した後に、クレジットカードの磁気ストライプをスキャンすると(写真1)、クレジットカード番号などのデータが端末に取り込まれる。その後、センターと通信して決済処理を行う。

 サインは画面上に書き込む形の「電子サイン」に対応しており(写真2)、モバイルPOS利用店舗がクレジットカード明細用紙を保管するスペースと手間を省けるようにしている。支払いが完了すると、会計明細が無線LAN経由でプリンターに伝送され、レシートが出てくる。

 日本NCRは、まず同社製POSレジを利用する小売業などの顧客企業に、既存の据え置き型レジを補完する役割を担う端末として売り込む。屋外の特設売り場や、繁忙時の臨時売り場などでの利用も促す。なお、日本NCRはモバイルPOS単独での価格を公表していない。

 据え置き型レジとは異なり、モバイルPOS端末は紛失や盗難が想定される。そこで日本NCRは「モバイルPOS向けヘルプデスク」を設置し、トラブル時の対応や修理・予備機の手配などを受け持つ体制を整えた。