PR

 米ニューヨーク州ニューヨーク市の情報技術通信局(DoITT)は現地時間2012年7月11日、同市5区に設置されている公衆電話ボックスで無料の公共Wi-Fiサービスを提供するプロジェクトを明らかにした。

 公衆電話ボックスにWi-Fi機器を設置し、100~200フィート範囲内でWi-Fi接続を利用できるようにする。Wi-Fi機器の設置や管理、カスタマーサービスなどは、米Van Wagner Communicationsと米Titanが担当する。

 同日パイロットテストを開始し、ブルックリン区で2カ所、クイーンズ区で1カ所、マンハッタン区で7カ所の合計10カ所でWi-Fiアクセスを試験提供している。ブロンクス区とスタテンアイランド区にも近いうちにパイロットテストを導入し、今後数カ月かけて対象の公衆電話ボックスを追加していく。Wi-Fiアクセスの使用度と一般からの意見に基づいてパイロットテストの成果を測定する。

 公衆電話Wi-Fiはいつでも無料で無制限に使用可能。スマートフォンやタブレット端末などのWi-Fi対応デバイスで「Free WiFi/NYC Free Public WiFi」メニューを選択し、利用規約に同意するとオンラインにアクセスできる。個人情報を入力する必要は無く、パイロットテスト中は広告も表示されない。

[発表資料(プレスリリース)]
[発表資料(PDF文書)]