PR
Digital Games Storeの無料ゲーム
Digital Games Storeの無料ゲーム
[画像のクリックで拡大表示]

 米Amazon.comは現地時間2012年7月12日、同社のゲーム配信サービス「Digital Games Store」を拡充し、「Game Connect」と呼ぶゲーム販売促進のための新サービスを開始したと発表した。

 Game Connectは、Amazon.comのユーザーアカウントとゲーム用のアカウントを関連付けるもの。これによりAmazon.comのアカウントで購入したゲームのサブスクリプションや仮想アイテムの情報がゲームに自動送信されるようになり、ユーザーはゲーム内でアカウント情報を再入力する必要がなくなる。

 ユーザーはAmazon.comで有料ゲームや仮想アイテムを手軽に購入できるようになり、開発者はより多くの顧客を獲得できるようになると同社は説明している。開発者は自社のゲームタイトルをGame Connectに対応させる必要があるが、Amazon.comの商品推奨エンジンやパーソナライズ機能の対象にもなるため、作品の露出機会が増えるとしている。

 併せて同社は、無料ゲームや、多人数同時参加型オンラインゲーム(MMO)のタイトルを増やしたことも明らかにした。すでに専用ページで「World of Tanks」「Spark City」「Stronghold Kingdoms」といった人気タイトルの配信を始めている。

 同社は7月11日にもタブレット端末「Kindle Fire」用ゲームの使い勝手を高めるためのプラットフォーム「GameCircle」を発表しており、最近はゲーム事業に力を入れている(関連記事:Amazon、Kindle Fire向けゲームプラットフォーム「GameCircle」を発表)。なお、同社のDigital Games Storeは2010年10月に開始しており、現在約3000タイトルのゲームを配信している。

[発表資料へ]