PR
Diggのホームページ
Diggのホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソーシャルニュースサイトの米Diggは現地時間2012年7月12日、米betaworksに買収されると発表した。betaworksは短縮URLサービス「bitly」やソーシャルニュース収集サービス「news.me」などを運営している。

 Digg最高経営責任者(CEO)のMatt Williams氏によると、Diggは数カ月前から今後進むべき方向について多数の選択肢を検討していた。「その多くは、Webで最良のものを見つけるという、Diggが最初に作り出された理由に沿うものではなく、我々はDiggがスタート地点に立ち返る道を探していた」と述べている。

 Diggは2004年にサービスを開始し、数年で話題の中心にのぼるようになった。2008年には米Googleが約2億ドルで買収を持ちかけたとうわさされた。今回、Diggとbetaworksのいずれも買収金額について明らかにしていないが、米メディア(Wall Street Journal)は約50万ドルと報じている。

 betaworksはDiggをNews.meと統合する。Diggはbetaworksの製品ポートフォリオの一つとなり、betaworks設立者であるJohn Borthwick氏が新しいDiggのCEOを務める。近いうちにクラウドベースの新生Diggを公開し、iPhoneおよびiPad向けのNews.meアプリケーションを補完する役割を担う。Borthwick氏は「Diggを低予算で少数精鋭による機敏なスタートアップに戻す」と述べている。

 なお、Williams氏はDiggのbetaworksへの移行作業が完了したのち、米ベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzに客員起業家(Entrepreneur-in-Residence)として参加する。

[発表資料(Digg公式ブログ)]
[発表資料(betaworks公式ブログ)]