PR

 ソーシャルニュースサイトの米Diggを買収した米betaworksは、Diggの今後の計画について現地時間2012年7月20日に明らかにした。新たに構築し直したDiggサイトを8月1日に開設する。

 betaworksによるDigg買収は7月12日に公表された。Diggはbetaworksの製品ポートフォリオの1つとなり、betaworks設立者であるJohn Borthwick氏がDiggのCEO(最高経営責任者)を務める(関連記事:かつてのソーシャルメディアの花形「Digg」をbetaworksが買収)。

 Diggの再構築は、betaworks傘下のソーシャルニュース収集サービス「News.me」を手がけていた10人のエンジニア、デザイナー、エディターから成るチームが取り組んでいる。同チームは「rethinkdigg」と題するブログで、「旧Diggのインフラは高価だったため、われわれは革新と構築を急速に進める余裕がなかった。そこで4週間前にわれわれは8月1日までに新たなインフラに移行するという目標を立て、まったく新しいコードベースで作業を進めている」と説明している。

 またDiggを買収した理由について、「インターネットで今現在語られていることを人々が見つけ、読み、理解するのに役立つ製品を当社が必要としているためだ」と述べた。

 なおNews.meは引き続き利用可能とし、今後数カ月のあいだにDiggと同様のパーソナライズ機能を実装する。最終的にはDiggと統合してDiggブランドで展開する。

[発表資料へ]