PR

 日本IBMは2012年7月23日、明治安田生命保険とのITアウトソーシング契約を延長したと発表した。期間は2012年7月から2019年6月までの7年間。仮想化といった新技術を活用することで、運用管理コストの低減などを目指す。

 明治安田生命は2005年5月から、基幹業務システムを支えるインフラ運用を日本IBMにアウトソーシングしている。今回、この契約をさらに7年間延長した。

 なお、日本IBMは受注金額を公表していない。